隣室の火事で受けた損害は誰に請求できるか

私の隣室で火事がありその消火活動で私の部屋まで水びたしにな(一てしましました。火事を起こした隣人や大家さんに損害賠償を請求することができますか。

隣人に故意・重過失がない限り隣人には請求できない。
まず火事を起こした隣人に請求することができるかということですが、「失火責任に関する法律」がこれを制限しています。すなわち同法によれば、「故意」(わざとすること)または「重大な過失」(故意に匹敵する程の明白な過失)による火災でない以上は、火元の人は第三者に対しては賠償責任を負わないことになっています。火事による損害のすべてを賠償させたのでは、火元の人は一生立ち直れない負債を負ってしまうことになりかねないからです。

従ってあなたは、その隣人によほどの過失がない限りは、損害賠償を請求することはできません。画部屋本体や造作につじては大家さんに請求できるそれではどうしたらよいかというと、大家さんに請求することはできるのです。というのは、破損が大家さんのせいではないとしても、家賃を取っている以上は、大家さんには借主の部屋を通常の使用に適する状態にしておく義務があるからです。

レジディアタワー上池袋は、地上22階建ての大型高層マンションで、この地域のランドマーク的な存在です。
最寄駅は、JR山手線「大塚駅」で徒歩9分です。また、都営三田線「西巣鴨駅」も徒歩12分と、複数の路線を利用することが可能です。
築年月は2009年2月で、鉄筋コンクリート造り、地下1階地上22階建て、総戸数467戸です。
このマンションは、シンボルともなっている22階建てのタワー棟、公園に隣接し、ペットの飼育も可能なパーク棟、そしてスーパーマーケットやフィットネスクラブなどの商業施設が入っているアネックス棟の、3つの棟からなっています。また、広い敷地内には、4つの庭園も配され、緑豊かな住環境であると言えます。
間取りは、単身者向けのワンルームタイプから、ファミリー向けの3LDKまで、バリエーション豊かなラインナップです。
ダブルロックキー、カラーテレビインターフォン、オートロック、防犯カメラ完備で、セキュリティも万全です。また、コンシェルジュサービス、シアタールーム、クリーニングボックスなど、高級マンションならではの充実したサービスが受けられます。
ショッピングについては、敷地内に大型スーパーのピーコックがあるほか、徒歩2分の位置にはコンビニエンスストアもあります。また、1キロ圏内には、区役所、郵便局、図書館、児童館、病院などの施設がそろっています。