ベット不可なのに犬を飼っておりアレルギーで困っている

私の住む賃貸マンションでは、契約書でベット不可にな(.)ているのに隣人が最近ペット(犬)を飼い 始めました。
私は動物アレルギーなのでとても困っているのですが、どうしたらよいのでしょうか。
風具体的な被害の内容を理解してもらうのが有効公団住宅や民間の賃貸マンション、アパートなどでは、規則や契約書で小鳥と魚類以外のペットの飼育が禁止されているのが普通です。
これはペットの危険性や鳴き声、糞尿などによる被害を防止するためのものですが、質問の場合のような動物アレルギーの被害もこれに含まれるこの種の問題の難しさは違反者の方で仁他人に被害を与えてしるのだとの認識力なしところにあります。
ペットの飼主にしてみれば「こんな可愛いのに一体何が気に食わないのでしょう」くらいの気持なのです。
加えて最近のペットブームで、違反をしてでも飼う人が増えており、悪いことをしているとの意識が薄れていることもあるでしょう。
従って隣人に注意をする場合にも、頭から悪いと決めつけるのではなく、具体的な被害の内容を根気よく訴えて理解してもらうべきです。
でも、それでもらちがあかないのであれば、第三者の協力が必要です。
園まず大家さんに注意してもらう。
具体的には、まず大家さんに訴えて注意をしてもらいます。
それでらちがあかなければ、大家さんに契約違反による契約解除の交渉をお願いするべきです。
前述のようにペットと 言っても、たとえば普通の金魚鉢で飼っている金魚など、建物の通常の使用にほとんど影響を受けないようなものまで禁止するのは、借主の権利を不当に制限するものとして無効視されることもあるでしょう。

高級賃貸マンションの外観が白の基調で印象的な「レジディア目白」は、都電荒川線「学習院下」駅下車徒歩2分、または東京メトロ「雑司が谷」駅下車徒歩7分の交通アクセスが便利な立地環境にあります。さらにJR山手線「高田馬場」駅へも12分のため、池袋や新宿、渋谷、品川方面などへも乗り換えなしで楽に行くことができます。目白に佇む高級感あふれるロケーションに住まう喜びが味わえるようです。広いエントランスホールやまるでホテルのようなエレベーターホールが落ち着いた空間を演出しています。入居者に対するきめの細かいサービスにも対応してくれるコンセルジュがおり、クリーニングの手配や宅配便の発送代行などを行っています。鉄筋鉄骨造で地下1階、地上10階建で総戸数159戸の規模を有している1Kから3LDKまでのバリエーションある間取りメニューがあります。生活に欠かせないスーパーマーケットやコンビニエンスストアは建物ノ1階にあります。また、ドラッグストアーがすぐ近くにありますから安心です。住居内は、洗練されているフローリング仕上げ、システムキッチンやユニットバス、収納クロゼットなど充実しています。荷物の多い方には有料でトランクルームの利用も可能です。